魔法使いの評判 2017年度ライマン・フランク・ボーム

姪っ子にクリスマスプレゼントにしました。前に 恐竜の同じく飛び出す絵本も去年の誕生日に買ったんですが その迫力に色々欲しいと今回これをリクエストされましたとにかくよく出来ています。今まで知らなかった細かいこともわかって、へぇ〜っと感心しながら読んでいます。

早速ご紹介♪

2017年01月08日 ランキング上位商品↑

魔法使い ライマン・フランク・ボームオズの魔法使い [ ライマン・フランク・ボーム ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

調べると他のものは少なくても100ページ以上あるちゃんとした本(絵が殆どない)ものです。字が細かく!寝る前に少しずつ読み進めていますが数日かかりそうです。購入した時保護の紙が色々挟んであって日本語版は丁寧だなと思ったのは一瞬だけでした。長いので!まだ途中までしか!読んであげていませんが!子供も楽しんで!見ています。ロバート・サブダ作の仕掛け絵本はたくさんあるんですね。メガネも子どもが気に入ってかけていました。字数の制限から省略されている内容が多いのはしょうがないのですが!そこを省略してそこを残すか?(そんな風に書き換える?)と思える箇所が何箇所かありました。この本は!とってもお勧めです!我が家の2歳6ヶ月の息子は!しかけ絵本がとっても大好きです。メインのページの他に!文章部分も小さな飛び出す絵本のようになっていて!楽しむところが多くてお得な感じです。こちらの仕掛けもすごい! ページを開くたびに飛び出して来る仕掛け‥どうやったらこんなことができるのか驚きです。ただとてもしかけが凝っていてキレイなので!この時期店頭に置いてあることも多いと思うので!一見の価値があると思います。アリスと迷って!こっちにしました。かなりの数のしかけ絵本を購入していますが、今まで購入したなかで、特にこのオズの魔法使いは、色彩がとてもきれいで、しかけもかなり多く息子は「ママ、すごいね〜。息子の幼稚園で!発表会にオズをやることになって!買ってみました。娘のクリスマスプレゼントにと購入しました精密な飛び出す絵本です。それでも工夫がいっぱいの素晴らしい本です。これはな〜に」などと目を輝かせて見ています。 親子はもちろんですが、大人でも楽しめる作品でジュディ・ガーランド主演の映画をご覧になった方にもお勧めしたいです。以前にアリスを買って集めたいと思い買いました。孫娘に読んであげながら私も楽しみたいと思います。息子が6歳の誕生日に欲しいと言った本です。以前から本屋で見て気になっていて!一番きれいだった「オズ」にしたのですが!姪っ子は気に入ったらしく満足しています。 純粋に物語を楽しむ他!仕掛けの精巧さにも驚かれることと思います。とても凝っていますね。その為!厚みのがありますよサンリオピューロランドのアトラクションにオズの魔法使いのミュージカルがあり!それを何度かみた3歳の子供が「絵本を読みたい」というので購入しました。英語版と比べてしまうと読みにくかった…。でもその分原作に忠実なのでしょうね。 品切れが続いているので!在庫有りの際には早めのご決断が必要かもしれません。小さなところも凝っていてとても満足です。飛び出す絵本を集めています。今度アリスの方も買いたいです。文章量は結構多いので!しばらくは読み聞かせより見て楽しむことが多くなりそうです。 大人気の絵本『不思議の国のアリス』にも負けない仕掛け絵本です。あくまで個人の感想ですが、他のオズの本を読んでから読むと内容に少々違和感が。しかけがとてもよく出来ていて3歳の子供は目をキラキラさせながら集中して本を見ています(お話しを聞いています)。アリスと迷いましたが!他の方のレビューを参考にこちらを購入。まだ産まれていないのであげられないため内容は見ていませんが!他サイトの画像で見る限り!素晴らしい出来のようで!あげるのが楽しみです。お話も少しずつ読んでします。(大人の私の方が、はまってしまいそう^^;)小学校1年生の子どもの誕生日にプレゼントしました。開くたび 物語の中にいるような感じになり とっても素敵です私の趣味で英語版のオズとアリスを持ってました!最近息子がお気に入りのようで息子用に日本語版を購入…何だかつっかかりやすく開きにくい…。2才の娘に壊されないように!読み終わった後は!隠しています。気球のページはもちろんのこと!エメラルド色のお城っ!キラキラで最高でした☆。妹の出産祝い用に買いました。緑のセロファンのメガネが付いているのが気に入ったようです。ページをめくるたびに感動です!小さいページも全てに飛び出す仕組みがしてあり!何度見ても発見があって大人も楽しんでいます。1Pあたりのお話は長いので、一度に読むのは大変ですが、子ども(6歳♀)はとにかく仕掛けに大喜びです。オズの魔法使いの本は何種類もありますが、唯一の絵本なのではないかな?と思います。家にあった英語版のジャングルブックがお気に入りで目を輝かして見入っている孫娘へのプレゼントに購入しました。有名な物語ですから、皆さんご存知でしょうが、この飛び出してくる立体の絵本は、また違う魅力にあふれています。