ちょっと待った!?イッパイアッテナがとにかく安い~!ルドルフ

ドラえもん」発言は爆笑ですね。毎晩一話ずつ読んで、26日分です。字も小さめで、絵本ではなく文庫です。

コレです!

2017年01月08日 ランキング上位商品↑

ルドルフ イッパイアッテナルドルフとイッパイアッテナ [ 斉藤洋 ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

岐阜城金華山に親しみをもっている人にはぜひ読んでもらいたいです。大人が読んでも笑いあり涙ありの大傑作です。何度も繰り返して読みたいと思えるお話です。このルドルフの一人称の心理描写が秀逸なのです。良い本に出会えて良かった!!ぼくこと、ルドルフと、兄貴分のイッパイアッテナのとびきりゆかいな、のらねこ生活。さがしてみてください。今は笑うところが主に心に残るようですが!きっともう少し大きくなってから別の場面で「なるほど!」と思ってくれるのでは?といつまでも読み返したくなる本です。……です。私は初めて読んだのですが、イッパイアッテナの言葉に心を揺さぶられます。第27回講談社児童文学新人賞入賞作。シリーズ3作目を先に買ってしまったので!1作目を読みたくて買いました。買って良かったです。。私が気に入っている本です。小学生4年生の子どもですが、難しいかなとおもったんですが、集中してよんでいました。男女問わず!子どもたちには(小学生から中学生でも行ける!!)絶対お薦めの一冊です。買って正解でした。子どもの読み物として!購入するなら!何度も読み返すものがいいと思い探したところ!図書館員さんオススメ児童書として挙げられていました。来年は映画?になるんですねー!子供が見たい!どんななるん?と今から楽しみのようです。寝る前にはちょうど良い長さかと。図書館で初め借りたのですが、あまりにも面白くてじっくり読みたくなり、購入しました。うちでは!小一と!年中(ちょっと難しいけど!楽しんでくれています)の子に毎晩読み聞かせてあげています。主に読み聞かせていますが!幼稚園児の次男も大喜びで聞いています。本当に「人間じゃなくて猫が書いたんじゃなかったらこの描写はムリ」って思っちゃうくらい猫的にリアルです。珍しく本が欲しいと言うのでレビューの内容を見てコチラの本に決めましたが、驚くほどはまって読んでいました。子供は「著:ルドルフ」であることをばっちり信じています。表紙では興味をそそられなかったのですが、皆さんのレビューが良かったので購入してみました。この本を読んでから、猫を見ると、「あ。なので子供にも与えました。児童文学のカテゴリになっているようですが!ふつうに一般の大人が夢中になって読み進んでいます。」には大爆笑でした。深いです。娘も最初は興味を示さなかったのですが!読み聞かせをしてみたらどんどん話に引き込まれ!最後まであっという間に読み終わってしまいました。言葉もやさしいのか、映画の影響もあって、たのしんで読んでいます。「児童書ですが、大人が読んでもすごく感動したので、ぜひ読んで」というので、購入しました。たまに泣けます。さすがに名作中の名作!笑いあり、涙あり、猫のかっこいい友情あり、敵討ちあり、もう子どもが喜ぶ要素てんこ盛り!本当に毎晩楽しみに楽しみにしてくれています。小学生の時、毎朝担任の先生が読んでくれていたこの本。しかもしつこく出てきます。でも猫たちの友情物語が楽しくてこの続きのシリーズも読んでみたいです。続きも読んでみようと思います。じんわりきます。絵本と思って購入したら、小説でした。ストーリーの面白さはもちろんですが!勉強の大切さや友情!複雑な感情も描かれていていろいろ考えさせられました。先日、斉藤洋さんファンの小4の息子が図書館でルドルフシリーズ3作を借りたのですが、ゲラゲラ笑いながらあっという間に3冊読破してしまいました。読んだあとも何度も『この本 面白いね』と♪♪あまり読書が好きな方ではないんですが、初めてお気に入りの本に出会ったんじゃないかな♪♪小学2年生の娘に面白い本を探していて、この本を見つけました。特にお姉ちゃんはとても楽しみにしていて、劇中のセリフの『ドラえもんみたいな……。友人からのおすすめの本です。(毒蝮三太夫が朗読をやっていた)だから、それのビデオも出てるんですけど……NHKが出す映像物ってことごとく高いんですよね。お話は!ぼく(ルドルフ)の語りで進んでいきます。でもそれも欲しいなあ。コミックスも読んでるのかしら!あの猫さんたちは。DVDで出ないかなあ。二年生の子供に寝る前の読み聞かせにと思って、レビュー良かったので購入しました。まだ読んでいないので!感想は後ほど・・・。おもしろかったです。小学1年生の息子に学校の読書の時間に読む本が要ると言われたので!子供の頃の記憶を頼りに面白かった本を探していてこの本を買いました。私はもう読み終わったのですが、今読んでもワクワクドキドキします。これ、昔「てれび絵本」でやっていたのです。ぼくたちの!知恵と勇気と友情の物語。とても子供もはまって!読んでいる私もはまりました。ふり仮名のない漢字が結構あったので!自分で読むのは!まだ無理そうですが気になると言うので音読してあげたらすごく面白いと言っていました。元々読書好きな息子ですが!読み終わってなお執着するのは珍しく!宝物にするからルドルフの本買ってとねだられての購入です。ルドルフ!」というようになりました。猫なのに……。タイトルが変わっているのでなぜか今でも覚えていて、まだ売っていることが分かり嬉しくて即購入!!このお話、すっごくいいんですよ〜☆しかもはまります♪大人になった今読んでも楽しめます。もちろん、子ども(小学3年生)の感想文もルドルフで書きましたよ♪春に読み、夏に感想文書いて、また秋に読み返していますが、何度読んでも親子で笑ってしまうところがいくつか。