エリックの通販 2017年度

一歳8ヶ月の息子にはまだ早かったですが、動物が大好きなのでこれから沢山見せてあげたいです。コンパクトなサイズで、1歳の息子に触られても丈夫で良いです。ちょうど数字を覚え始めたころだったので数字がいっぱい書かれたページに喜びました。

いまオススメの商品!

2017年01月08日 ランキング上位商品↑

エリック1,2,3どうぶつえんへ [ エリック・カール ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

図書館で、リピート貸出ししてもらっていたのですが、気に入っているらしく何回も出してくるので、買いました。美しい色と独特のタッチ、とぼけた表情の動物達は、特にストーリーがなくても見ているだけで楽しいらしく、指差ししながら何度も見入っていました。色々と楽しめます。大判サイズの表紙はライオンの顔だけですが!こちらは全身。欄外にも小さな汽車の絵が!電車の好きな一歳半の子供は大喜びです。これからかな?親としては気に入っています。イラストがカラフルで!かわいい☆ボードブックなので!小さな子供にあたえても!そんなにボロボロにならなさそうです。1歳8ヶ月になる電車や動物が好きな息子に大判サイズを見せたところ!反応がよかったので!持ち歩きに便利なボートブックをこちらで注文。大きさも持ちやすくちょうど良いようです。角が丸くなっていて手も切れず!安心できます。数字もカラフルで、動物も色んな種類が載っていたりと、とても可愛い絵本です。色彩もとってもキレイで、可愛い動物達がダイナミックな構図で配置されててスゴイです☆文章は数字だけなので、本当に小さなお子さんにもオススメの作品です^^ページが進むにつれて乗っている動物の数や車両が増えていきます。「ぞうさんが1頭…」と指をさして数を数えながら!読んであげています。エリックカールさんの絵本は!他にも名作「はらぺこあおむし」をもっていますが!こちらもおきにいり!ストーリーはわかってなくても!ページをめくって楽しんでいます。ボードブックは小さい子にもめくりやすく、丈夫なのでオススメです。色あいがきれいで良いのですが、肝心の子供はあまり見ていません。因みに息子は!まだ何でもくちにいれてしまうし!ページをめくるときに気合が入りすぎて破れるのがイヤなので!ボードブックにしました。元々、時計やエレベーターなどの数字を見て、「1・3・5・9!」(でも間違っている・・・)と言いながらはしゃいだりしていたので、食いついてくれるかな?と思っていたのですが、意外に食いつきが悪かったです。2歳の甥っ子へのクリスマスプレゼントに購入しました。到着まで1週間ほどかかりましたが!購入できてよかったです。全てサイズが同じで!本棚にすっきり入ります。あおむしくんが好きで、もうひとつエリックカールの本が欲しいと思いこちらを購入しました半分以上は私の自己満足です(^▽^;)買った当時は数の事は分かっておらず動物等の絵本の中の絵に興味深々しばらく忘れらされていましたが、最近少しずつ数を数えられるようになるとまた取り出して読むようになりました『1・2・3・・・・』と指でさしながら楽しそうに数えてますポートブックでとても丈夫なので小さいころから1人で見ていても、振り回しても投げても(笑)安心して見てられます!2歳の息子にはまだ少し数は早いかな?‥‥と思いましたが動物がたくさんでてくるのでおもしろいみたいです^^10ヶ月の子供に購入。やはりサイズが違うので、迫力にはかけますが、登場する動物達は同じ種類ですし、ページの左下に汽車が走ってどんどん増えていくのも同じです。逆に、あまり長いお話だと飽きてしまう1歳7か月の次男はこの絵本が好きなようです。あと!本の角が丸い!厚紙で汚損防止フィルムが貼ってあるので!普通の本だと破ってしまう小さいお子さんにも安心です。1才3ヶ月の息子に購入しました。多分、ストーリー(文章)が無いのが原因だと思います。とても喜んでくれたらしく「1・2・3」と言いながらページをめくっているそうです。どのページにも必ず小さいネズミがいたり、ページ下に機関車の全体図もあって楽しめるつくりでした。イラストは!さすがエリック・カール!とてもカラフルで綺麗です。エリック・カールの作品は、「はらぺこあおむし」や「パパお月さまとって」などが好きだったので、食いつきが良かったです。お話をするときは動物の名前を言ったり、色当て・ねずみ探しをしたり・・・。1:ぞう 2:かば3:きりん4:ライオン5:くま6:ワニ7:あざらし?おっとせい?8:さる9:へび10:ふくろうなどの鳥知ってる動物がたくさん出てきて楽しみながら、数を学べて楽しいです☆エリックカールの「はらぺこあおむし」のボードブックが良かったので、今回「ね、ぼくのともだちになって! 」と「1,2,3どうぶつえんへ」のボードブックを追加で購入しました。文章はなく!数字とそれに対応する数の動物が貨車に乗って登場し!最後に動物園へ到着するという流れ。息子は毎回!何匹かを指で指して数えています。貨物車で運ばれている動物達が一匹づつ増えていき!最後は動物園へ。ページが進むごとに、汽車に乗っている動物の数が増えていくんですが、必ず小さい鼠がどこかに紛れ込んでいて、それを探すのも楽しいです。文字のない絵本で!カラフルなので!興味をひくようです。もう3歳の長男にそろそろ数をきちんと教えたくて購入しました。店頭で大判サイズを見て!気に入った本です。中味は文章がなく絵だけですが、機関車の貨車に動物が乗っていて、ページが進むに連れ徐々に頭数が増えていき、最後は動物園にたどり着く・・・という内容です。数字に関心を持ち始めた4歳の息子用に購入。でたらめですが!123〜と口にしながら!ひとつずつ数字を触って見ていました♪大好きなエリックカールさんの絵本です♪子供はいませんが!自分が絵を見て楽しむために購入しました。。はらぺこあおむしで有名なエリック・カールの絵本です。他の絵本を児童館のお友達が楽しそうに読んでいて色彩もカラフルだったので!娘にも何か買ってみたいと思って選びました。まず表紙をめくって現れたカラフルな数字に大興奮でした。ただ日本語の場合!単位が「頭」だったり「匹」だったりするので!混乱しないかがちょっと心配なので★はマイナス1にしました。